能勢電鉄でラッピング電車「里山便」の運転開始

能勢電鉄でラッピング電車「里山便」の運転開始

能勢電鉄では,「日本一の里山」と言われる川西市黒川地区などの里山風景をPRするため,1700系1758編成を使用した能勢電鉄初のラッピング電車となる「里山便」が登場しました.
 ラッピングは宝塚大学の関係者により前面と側面に四季の里山が,また昼と夜の里山なども描かれ昼は「新しい発見」や「自然の温り、力強さ」を,夜は「情緒的な雰囲気」や「都会にはない夜の静けさ」がイメージされています.
 運行開始に先立ち,2014(平成26)年4月13日(日)に川西能勢口駅で「里山便」お披露目イベントが開催されました.お披露目イベントでは「里山便」セレモニー,記念撮影会,記念クリアファイルの配布や「里山便」車内にて里山風景写真などの車内展示,各種グッズや地元産の野菜などの販売が行なわれました.また能勢電鉄イベントではお馴染みとなった「ぴょんちゃん&のんちゃん」も登場し,イベントを盛り上げていました.

写真:多田にて 2014-4-13

掲載