×

キハ200形にロングシート化改造車登場

access_time
2014年3月26日掲載
キハ200形にロングシート化改造車登場

長崎車両センター所属のキハ200-6+キハ200-1006が,小倉総合車両センターでロングシート化の改造を受け,キハ200-556+キハ200-1556に改番されて出場しました.
 オリジナルのクロスシートはすべてロングシート化され,キハ200-556の後位車端部(トイレ前)は座席を設置しない車いすスペースとなっています.
 小倉総合車両センター出場後は,試運転を兼ねて佐世保車両センター(3月15日のダイヤ改正で長崎から早岐へ移転 )へ回送され,3月20日(木)から営業運用に就いています.
 キハ200形,キハ220形はこれまでにもトイレ取り付け,ワンマン化などの改造が行なわれてきましたが,改造により車番が改番されるのは初めての例となります.

写真:長崎にて 2014-3-23
投稿:坂口 浩一