「米タン」の運転経路が変更される

access_time
2014年3月19日掲載
「米タン」の運転経路が変更される

拝島—安善間で,おもに火曜,木曜日に1往復運転されているジェット機燃料輸送貨物列車(通称:米タン)の運転経路が,2014(平成26)年3月15日(土)のダイヤ改正により府中本町以南は武蔵野貨物線に入線して新鶴見,尻手短絡線を経由し安善へ向かうルートに変更となりました.
 この列車は神奈川県の安善駅に隣接する在日米軍鶴見貯油施設から東京都の拝島駅,さらに横田基地線を通り米軍横田基地までジェット機燃料を輸送する貨物列車で,長らく青梅線,南武線経由で運転されてきました.ふだん昼間に貨物列車の設定がない南武線の府中本町—尻手間を走行することや「JP-8」と書かれた専用のタキ1000形貨車が使用されることなどで多くのファンから人気を集めていました.
 ダイヤ改正前は安善行きが臨8286列車,拝島行きが臨8277列車でしたが,改正後は安善行きが臨8078列車,拝島行きが臨8079列車となっています.ダイヤ改正後初の運転となる2014(平成26)年3月18日(火)は両列車とも新鶴見機関区所属のEF65 2066がけん引しました.

写真:梶ヶ谷貨物ターミナル—府中本町間にて 2014-3-18
投稿:齊藤 紘太