もとJR東日本EF510形が貨物運用入り

もとJR東日本EF510形が貨物運用入り

JR東日本からJR貨物に売却され,富山機関区所属となったEF510-511が,2013(平成25)年12月から貨物運用を開始しています.
 貨物運用にあわせて側面のステッカーははがされていますが,青の車体は維持されたままとなっています.現在,富山機関区にはEF81形が19機,EF510形が23機(500番台を除く)所属しており,今後,新たにEF510形500番台9機が運用に就くとEF81形に余剰がうまれるものと思われ,今後双方の動向が注目されます.

写真:島本—山崎間にて 2013-12-9
投稿:春風 直樹

2013年12月10日掲載