×

嵐電で行楽期の増発・増結運用

access_time
2013年11月19日掲載
嵐電で行楽期の増発・増結運用

嵐電では,この秋も「特別休日ダイヤ」と呼ばれる,行楽期の増発・増結運用が施行されています.
 嵐山本線では四条大宮午前8時50分発から,北野線では帷子ノ辻午前10時11分発からそれぞれ電車の増結(2両運転)が始まり,また嵐山本線では10時から17時までの間,電車の増発(10分間隔を7〜8分間隔に詰める)を行なうといった多客対応がなされています.
 なお嵐電では,2012(平成24)年度までにレトロ電車とラッピング電車を除いた全車両の車体色を京紫色に変更する計画になっていますが,2013(平成25)年11月17日現在も6両(102号車・103号車・301号車・501号車・502号車・2002号車)が従来のツートンカラーで残っており,このカラーの車両同士が2両編成で運転されるシーンも見られました.

写真:西大路三条付近にて 2013-11-17
投稿:井上 拓己