「みどり湖駅開業30周年号」運転

「みどり湖駅開業30周年号」運転

1983(昭和58)年7月5日塩嶺トンネル開通とともに開業した,中央本線みどり湖駅が30周年を迎え,「みどり湖駅開業30周年号」が2013(平成25)年9月29日(日)に,みどり湖—白馬間で運転されました.
 長野総合車両センターの183・189系N101編成(国鉄特急色)が充てられ,ヘッドマークは“あずさ”のイラストマークが掲示されていました.出発前には駅近くの塩尻市施設でセレモニーも行なわれ,長野県PRキャラクター「アルクマ」も駅長姿で参加,記念号の出発を見送りました(写真中央やや上,道路橋に注意).

写真:みどり湖にて 2013-9-29

掲載

鉄道ファン2018年12月号