阪神9300系9401号車の集電装置がシングルアームに

阪神9300系9401号車の集電装置がシングルアームに

阪神9300系9501編成(大阪方から9501-9301-9401-9402-9302-9502)の大阪方から3両目である9401号車の集電装置が,通常の下枠交差形からシングルアーム式のものに交換され,2013(平成25)年8月3日(土)梅田13時15分発の特急・東須磨行きから営業運転に入りました.
 交換されたのは9401号車のみで9402号車は従来どおり下枠交差形のものが取り付けられており,両車ともに神戸方に準備されているパンタ台には変化はないように思われました.交換された理由は定かではありませんが,今後の動きが注目されます.

写真:尼崎にて 2013-8-3

掲載

鉄道ファン2019年3月号