キハ30,キハ37,キハ38の6両が水島臨海鉄道へ

キハ30,キハ37,キハ38の6両が水島臨海鉄道へ

2012(平成24)年12月に新津へ配給輸送されてから,長らく新津運輸区構内にて留置されていた,もと久留里線用キハ30,キハ37,キハ38の6両が,2013(平成25)年7月9日(火)から10日(水)にかけて,信越→北陸→湖西→東海道→山陽本線を経由し,新津から倉敷まで甲種輸送されました.
 編成は倉敷方からEF81 715+キハ37 1002+キハ37 1003+キハ38 1003+キハ37 2+キハ30 98+キハ30 100で,新津—吹田貨物ターミナル間は富山機関区所属のEF81 715,吹田貨物ターミナル—西岡山(貨)間は新鶴見機関区所属のEF65 2070,西岡山(貨)—倉敷間は水島臨海鉄道のDE701がそれぞれけん引しました.
 なお,水島臨海鉄道では,2014年3月末から営業運転を開始する予定と発表しています.

写真:滑川—水橋間にて 2013-7-9
投稿:上田 雅人