近江鉄道ミュージアムで特別公開

近江鉄道ミュージアムで特別公開

近江鉄道では,1896(明治29)年6月16日の創立記念日にあわせ,2013(平成25)年6月15日(土)・16日(日)の2日間,近江鉄道ミュージアムの特別公開を行ないました.
 この特別公開は,14日(金)に登場した900形「淡海号」のデビュー記念企画も兼ねており,予告どおり900形901編成が公開されました.
 901編成はデビュー記念ヘッドマークを取り付けた状態で,車内も公開されていました.ワンマン改造・ブレーキ装置改造・バリアフリー対策のほか,車端の優先席に転換クロスシートが配置されています.職員の方のお話によると,この新塗装はイメージチェンジと親会社・西武ライオンズでの新カラーを意識したもので,ドアのイルカマークは「子供たちに親しみを持ってもらおう」という願いから描かれたそうです.
 ミュージアム内には西武から譲り受けた301系も留置されており,昔の仲間同士が並ぶショットも見られました.
 901編成は16日(日)まで展示されたあと,17日(月)午後から多賀線を除く各線で営業運転に就く予定です.

写真:近江鉄道ミュージアムにて 2013-6-15

掲載