近江鉄道900形が試運転

近江鉄道900形が試運転

近江鉄道が2009(平成21)年に西武鉄道から譲受した,新101系269編成(クモハ269+クモハ270)を改造した900形(901+1901)の試運転が,2013(平成25)年4月16日(火)に,運転士のハンドル訓練も兼ねて行なわれました.彦根—貴生川間を往復したようです.
 900形は近江鉄道では初となるLED行先表示器,ドアチャイムが採用されています.
 今後,試運転や最終調整を行なったのち営業運転を開始するものと思われます.

写真:八日市にて 2013-4-16
投稿:木村 公紀

2013年4月17日掲載