西武101系241編成が多摩湖線で営業運転

西武101系241編成が多摩湖線で営業運転

西武多摩湖線では,2013(平成25)年3月16日(土)に実施されるダイヤ改正から,萩山—西武遊園地間でもワンマン運転が開始されますが,ワンマン運転区間拡大にともなう運用増のため,101系241編成にワンマン運転対応および更新工事が行なわました.同編成は2月25日(月)に出場し,玉川上水車両基地に回送されました.そして,その2日後となる2月27日(水)から多摩湖線で営業運転を開始しました.
 ワンマン運転用に改造された241編成ですが,昨年2012年から武藏丘車両検修場で進められている新2000系のリニューアル工事施工車と同様,屋根上のベンチレーターがすべて撤去されました.今後,ほかの101系ワンマン車にも,ベンチレーター撤去が進むかどうかが注目されます.

写真:一橋学園にて 2013-3-1
投稿:石井 知之

2013年3月4日掲載