千葉ニュータウン鉄道9200形が甲種輸送される

千葉ニュータウン鉄道9200形が甲種輸送される

2013(平成25)年2月7日(木)から翌8日(金)にかけて,千葉ニュータウン鉄道9200形9201編成(8両)が,豊川(日本車輌)から逗子(総合車両製作所)まで甲種輸送されました.編成は,4両ずつに分割され,先頭車同士がつなげられた状態でした.
 けん引機は,豊川—西浜松間が愛知機関区所属のDE10 1726,西浜松—新鶴見(信)間が新鶴見機関区所属のEF65 2063,新鶴見(信)—逗子間が新鶴見機関区所属のDE10 1555でした.

写真:富士川にて 2013-2-7

掲載

鉄道ファン2019年3月号