富士急行1000系に「迎光」ヘッドマーク

富士急行1000系に「迎光」ヘッドマーク

昨年2012年,京王5000系カラーに復元された1000系1001号編成(富士山方からモハ1001+モハ1101)ですが,2013(平成25)年1月1日(火祝)~3日(木)と6日(日)に「迎光」ヘッドマークを掲出して運転されています.
 「迎光号」は,京王電鉄が高尾山の初日の出に合わせて大晦日から元旦にかけて運転される臨時列車で,今回,京王電鉄と,もと京王車両を保有している富士急行・一畑電車の3社協同企画により実現したものです.「迎光」ヘッドマークは大月—富士山間を基準にして先頭側に掲出.快速運転時には同じく先頭側運転窓下に副標も掲出されました.また2連時の反対側には「陣馬」ヘッドマークが掲出され,ファンを驚かせていました.
 なお,一畑電車では1日から3日まで京王5000系カラーの2100系(デハ2101+デハ2111)に「迎光」「高尾」のヘッドマークが掲出されています.

写真:三つ峠—寿間にて 2013-1-1
投稿:古宇田 功