富士急行で「新春 富士見列車」運転

access_time
2013年1月2日掲載
富士急行で「新春 富士見列車」運転

富士急行では,2013(平成25)年1月1日(火祝),「新春 富士見列車」が運転されました.これは同列車内から早朝の富士山を眺めるツアー列車です.2010(平成22)年から続けられているもので,今年2013年で4回目の運転となりました.
 ダイヤは,富士山頂の初日の出時刻(6時42分)に合わせ,河口湖6時30分発→三つ峠6時50分着~7時11分発→河口湖7時37分着で運転,復路は富士山がよく見えるポイントで徐行運転が行なわれました.車両は1200系観光電車「富士登山列車」(富士山方からモハ1205+モハ1305)を使用し,ヘッドマークとして大月・河口湖方には昨年2012年同様に太陽のイラストに「迎春」,富士山方には今年の干支「巳(蛇)」のイラストに「初春」と入ったものが掲出されました.

写真:三つ峠—寿間にて 2013-1-1
投稿:古宇田 功