内陸線で「サンタ列車」運転

access_time
2012年12月25日掲載
内陸線で「サンタ列車」運転

2012(平成24)年12月22日(土)・23日(日祝)・24日(月休),秋田内陸縦貫鉄道鷹巣—角館間で「サンタ列車」が運転されました.
 急行“もりよし”1・2号と普通列車115Dのダイヤで運転され,AN8800-2とAN8900-4の2両編成が使用されました.AN8900-4にはヘッドマークが取り付けられました.車内はクリスマス風の装飾が施され,運転士はサンタクロースの衣装を着ての運転となったようです.

写真:上杉—合川間にて 2012-12-24
投稿:佐藤 友