上田電鉄別所線で「サンタ列車」運転

access_time
2012年12月16日掲載
上田電鉄別所線で「サンタ列車」運転

2012(平成24)年12月15日(土),上田電鉄では10回目となる恒例の「サンタ列車」を,当日先着100名乗車で,上田—下之郷間において運転しました.
 充当車両はモハ7253+クハ7553「まるまどりーむ号Mimaki」でヘッドマークを掲出し,車内も各所にクリスマスの装飾が施され,多くの親子連れでにぎわっていました.
 列車内ではハーモニカ駅長こと春原上田駅長のハーモニカ演奏や,長野医療衛生専門学校 音楽療法士学科の皆さんによるミュージックベルによるクリスマスソングの演奏の他,バルーンアートのプレゼントがありました.
 また,下之郷駅では列車の入換を行ない,40分程の折返し時間を利用して雪だるまのバルーンとサンタ列車との記念撮影や資料館の公開が行なわれ,復路では小学生以下の子供たちにサンタクロースとトナカイからクリスマスプレゼントが配られ,歓声が上がっていました.

写真:下之郷にて 2012-12-15
投稿:山本 哲也