×

富士急6000系が甲種輸送される

富士急6000系が甲種輸送される

2012(平成22)年12月1日(土)から翌2日(日)未明にかけて,富士急6000系第4編成(もと205系京葉車両センター27編成モハ205-12,モハ204-12,クハ204-4の3両で構成されたクモハ6003,モハ6103,クハ6053)の甲種輸送が長野から大月まで行なわれました.
 編成の方向転換をかねて,長野→篠ノ井→梶ヶ谷貨物ターミナル→新座貨物ターミナル→八王子→大月の経路で輸送されました.けん引機は長野から篠ノ井までが愛知機関区所属のEF64 1016,篠ノ井から八王子までは高崎機関区所属のEH200-2が担当し,梶ヶ谷貨物ターミナルから大月駅での入換に使用する新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1667も連結されました.
 今回の輸送により,富士急6000系は,当初予定されいた3両×4編成が揃うことになります.

写真:八王子にて 2012-12-1
投稿:坂本 憲人