もと札沼線用気動車10両が甲種輸送される

access_time
2012年11月24日掲載
もと札沼線用気動車10両が甲種輸送される

札沼線電化にともない余剰となった気動車が海外譲渡のため,2012(平成24)年11月23日(金祝),札幌貨物ターミナルから東室蘭(操)まで甲種輸送されました.
 今回,甲種輸送された気動車は編成組成順に室蘭方から,キハ48 1332+キハ141-5+キハ141-6+キハ141-4+キハ142-4+キハ48 1331+キハ141-3+キハ142-3+キハ141-2+キハ142-2の10両で,札幌方5両のキハ48 1331~キハ142-2は11月14日(水),室蘭方5両のキハ48 1331~キハ142-6は11月22日(木)に,それぞれ苗穂から札幌貨物ターミナルまで甲種輸送されていたもので,札幌貨物ターミナルで前者を後者に併結して輸送されました.けん引を担当したのはJR貨物鷲別機関区所属のDF200-114でした.

写真:南千歳—美々間にて 2012-11-23
投稿:佐藤 俊介(北海道)