嵐電で行楽期の増結運用が始まる

嵐電で行楽期の増結運用が始まる

京福電気鉄道(嵐電)では,毎年春と秋の行楽シーズンに電車の増結や臨時増発ダイヤ施行などの多客対応が行なわれていますが,今秋も例外なく増結が実施されています.
写真は,嵐山本線を走るモボ102とモボ103の2両編成で,残りわずかとなった従来の標準色車両(グリーンとベージュのツートンカラー)が連結されています.なお,京紫色に変更されていない車両は,2012(平成24)年11月10日(土)現在,モボ102,モボ103,モボ301,モボ501,モボ502,モボ2002の6両が残るのみとなっています.

写真:山ノ内—嵐電天神川間にて 2012-11-10
投稿:井上 拓己

2012年11月11日掲載