烏山線にEV-E301系を導入へ

烏山線にEV-E301系を導入へ

JR東日本は,蓄電池駆動電車システムを採用したEV-E301系の先行車2両1編成を烏山線に導入すると発表した.
 EV-E301系はEV-E301(Mc)+EV-E300(Mc')で2連を組む,片側3扉のロングシート車.最高速度は100km/hとなる.電化区間では通常の電車と同様に架線からの電力により走行すると同時に蓄電池を充電.非電化区間では蓄電池の電力で走行し,烏山駅に設置する専用の充電設備において走行に必要な充電を行なう.また,室内照明については,すべてLED 化し消費電力の低減を図る.営業運転開始は2014(平成26)年春ごろで,最終的には,烏山線の気動車全数をEV-E301系に置き換える予定.

写真:EV-E301系のイメージパース(JR東日本提供)

掲載