キハ143形4両が苫小牧運転所へ

キハ143形4両が苫小牧運転所へ

2012(平成24)年8月11日(土),キハ143形4両が苫小牧運転所へ回送されました.編成は苫小牧方からキハ143-152+キハ143-102+キハ143-151+キハ143-101で,回送後は苫小牧運転所で2両ずつに分割され,それぞれ別の場所に留置されています.
 10月27日(土)のダイヤ改正で,苫小牧—室蘭間の普通列車(東室蘭—室蘭間を特急形車両で運転する普通列車は除く)はキハ143系気動車によるワンマン運転となる予定で,キハ143系はワンマン化改造や編成短縮(キサハ144不連結)などが施されており,札沼線で運用される車両も10月改正までは,暫定編成による運用が組まれているようです.

写真:島松—恵み野間にて 2012-8-11

掲載