キハ141系による「ひまわり号」運転

access_time
2012年7月30日掲載
キハ141系による「ひまわり号」運転

2012(平成24)年7月29日(日),苗穂運転所所属のキハ141系4両編成(キハ141-3+キハ142-3+キハ141-13+キハ142-13)を使用した団体臨時列車「ひまわり号」が,往路/札幌→早来(千歳・追分経由),往路と復路の間に回送で早来→苫小牧→追分→早来,復路/早来→札幌(苫小牧経由)で運転されました.
 ヘッドマークは取り付けられず,前面方向幕と側面サボは「団体」表示のものが使用されました.
 なお,キハ141系は通常,札幌駅での向きで旭川方がキハ141・小樽方がキハ142となっていますが,今回の運転では札幌駅に戻ってきた時点で逆になってしまうため,向きを元に戻すための回送が同日夜に札幌→岩見沢→苫小牧→苗穂と運転されています.

写真:安平—早来間にて 2012-7-29
投稿:佐々木 保彰