東横線と副都心線,2013年3月16日に相互直通運転を開始

東京メトロ10000系

写真:東京地下鉄10000系  伊藤久巳撮影  綾瀬工場にて  2006-6-21(取材協力:東京地下鉄)

東京急行電鉄 5050系4000番台

写真:東急5050系4000番台  編集部撮影  長津田検車区にて  2011-5-3(取材協力:東京急行電鉄)

東京急行電鉄と東京地下鉄(東京メトロ)は,2013(平成25)年3月16日(土)から東急東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転を開始すると発表した.これにより,横浜高速みなとみらい線・東急東横線から副都心線を経て,東武東上線,西武有楽町線・池袋線までがひとつの路線として結ばれる.
 副都心線のほぼすべての列車が東横線・みなとみらい線と直通運転するほか,平日・土休日ともに渋谷駅発の東横線列車も毎時4本設定される.副都心線内を急行,東横線・みなとみらい線内を特急とする速達列車が日中時間帯に15分間隔で運転され,横浜—新宿三丁目間を最短32分で結ぶ予定.あわせて,東横線内の特急・通勤特急・急行は直通運転開始日から一部を除いて10両編成での運転となる.
 東横線・東京メトロ副都心線の相互直通運転にあわせ,現在東横線と相互直通運転を実施している日比谷線は中目黒を始発・終着駅とし,東横線には乗り入れなくなる.

p>