黒部峡谷鉄道EDV34・EDV35の使用開始

黒部峡谷鉄道EDV34・EDV35の使用開始

2011(平成23)年10月に兵庫県の川崎重工業で落成し,黒部峡谷鉄道に納入されていた,日本の私鉄向電気機関車では初となるVVVFインバータ制御のEDV形電気機関車(EDV34・EDV35)ですが,2012(平成24)年6月から使用が開始されました.
 現在のところ,トロッコ列車運転終了後の資材輸送貨物列車をけん引する姿が確認されていますが,結果に問題なければ7月にはトロッコ列車の先頭を飾る姿が見られるようになるとのことです.

写真:宇奈月—柳橋間にて 2012-6-5

掲載

鉄道ファン2019年3月号