JR北海道733系12両が甲種輸送される

JR北海道733系12両が甲種輸送される

2012(平成24)年4月22日(日)および翌23日(月),JR北海道の733系が川崎重工業から出場しました.
 今回出場したのは3連4本で,兵庫駅の有効長の関係で2編成ずつ2日に分けて出場,神戸貨物ターミナル(鷹取)まで甲種輸送され,神戸貨物ターミナルで両者を連結し12両編成となり五稜郭へ向けて甲種輸送されています.
 川崎重工から出場し,神戸貨物ターミナルから東へ運転される甲種輸送のけん引は,吹田(信)までDE10がけん引したあと,電気機関車に交換されることが多いですが,4月23日は,岡山機関区所属のDE10 1191が神戸貨物ターミナルまでけん引し,神戸貨物ターミナルから吹田(信)までは,吹田機関区所属のEF200-8がけん引,吹田(信)からは富山機関区所属のEF81 119がけん引を担当しました.

写真:さくら夙川にて 2012-4-23

掲載