683系4000番台T48編成が6連で松任本所から出場

access_time
2012年4月11日掲載
683系4000番台T48編成が6連で松任本所から出場

2011(平成23)年11月29日(火)に,加賀温泉—大聖寺間を走行中に踏切事故で被災した683系T48編成ですが,2012(平成24)年4月10日(火)に,4ヵ月半ぶりに復帰しました.
 9連組成の残り3両は,2011(平成23)年12月31日(土)から年末年始にT50編成に増結して定期列車に使用された車両で,その後,金沢総合車両所運用検修センターに留置されていることから,試運転終了後に同所内で9連に戻されると思われます.

写真:明峰にて 2012-4-10
投稿:岩谷 淳平