485系「ジパング」が出場

485系「ジパング」が出場

2012(平成24)年4月1日(日)から6月30日(土)まで行なわれる『いわてデスティネーションキャンペーン』にあわせて誕生した485系「ジパング」が,3月28日(水)に郡山総合車両センターから出場し,試運転を兼ねて盛岡まで回送されました.
 編成は東京方からクハ485‐704+モハ485‐3014+モハ484‐3014+クハ484‐704となり,クハ484‐704とクハ485‐704は,もと高崎車両センター所属の「やまなみ」の先頭車で,クハ化と車番変更が行なわれ,モハ485‐3014とモハ484‐3014は,もと青森車両センター所属の485系3000番台中間車で,こちらは車番変更はなく,もとの車番が使用されています.
 「ジパング」は,4月1日の快速“平泉世界遺産号”から営業運転を開始する予定です.

写真:仙北町—盛岡間にて 2012-3-28

掲載

鉄道ファン2019年3月号