817系2000番台と3000番台が甲種輸送される

817系2000番台と3000番台が甲種輸送される

日立製作所で落成した817系2000番台と3000番台(下り方からV2006編成+V3001編成+V2005編成+V2004編成)9両の甲種輸送が,2012(平成24)年2月9日(木)に下松から小倉総合車両センターまで行なわれました(北九州貨物ターミナルで後ろのV2005編成+V2004編成を切り離し).
 けん引機は,下松—幡生(操)間がJR貨物吹田機関区所属のEF200-8,幡生(操)—北九州貨物ターミナル間がJR貨物門司機関区所属のEH500-71,北九州貨物ターミナル—小倉総合車両所間がJR貨物門司機関区所属のDE10 1745が,それぞれ担当しました.
 今回輸送された3000番台は新規に中間車両が組成されたことや,側面ステッカーがオレンジ色を基調としたデザインとなっています.
 なお,北九州貨物ターミナルで切り離されたV2005編成+V2004編成は10日(金)に北九州貨物ターミナルから小倉総合車両センターまで甲種輸送されています.

写真:西小倉にて 2012-2-9
投稿:村上 和也