C11 207+14系座席車が,釧路へ

access_time
2011年12月28日掲載
C11 207+14系座席車が,釧路へ

2011(平成23)年12月25日(日)をもって今シーズンの運転が終了した“SLはこだてクリスマスファンタジー号”ですが,同列車に使用されたC11 207+14系座席車4両(すずらん編成)が,2012(平成24)年1月21日(土)から運転が開始される“SL冬の湿原号”の運転に向けて,2011(平成23)年12月26日(月)から28日(水)にかけて函館→苗穂→釧路と回送されました.
 このうち,函館—苗穂間は旭川運転所所属のDE15 1520,苗穂—釧路間は釧路運輸車両所所属で“ノロッコ号”専用機であるDE10 1660がけん引し,全区間でC11 207機関車次位に検修機材搬送用のチキ6366が連結されました.

写真:苗穂にて 2011-12-27
投稿:佐藤 俊介(北海道)