クモヤ145形3両が新宮へ

access_time
2011年11月10日掲載
クモヤ145形3両が新宮へ

2011(平成23)年9月に発生した台風12号災害の影響で,新宮駅に留置されたままになっているJR西日本日根野電車区の283系(6連1本)・381系(6連2本)を輸送するため,吹田工場所属のクモヤ145-1052と,京都総合運転所所属のクモヤ145-1051・1201の3両が,11月9日(水)から翌10日(木)にかけて,吹田から新宮まで,東海道本線・関西本線・紀勢本線経由で甲種輸送されました.
 なお,クモヤ145形3両のパンタグラフはすべて撤去されていました.吹田—稲沢間はJR貨物吹田機関区所属のEF66 112が,稲沢—新宮間はJR貨物愛知機関区所属のDD51 875が,それぞれけん引しました.

写真:安土—能登川間にて 2011-11-9
投稿:児玉 尚久