臨時快速“山陰海岸ジオライナー”にラッピング車両

臨時快速“山陰海岸ジオライナー”にラッピング車両

山陰本線 鳥取—豊岡間で運転されている臨時快速“山陰海岸ジオライナー”のうち,キハ126形で運転される鳥取→豊岡→鳥取に,2011(平成23)年10月22日(土)からラッピング車両が使用されています.
 ラッピングが施されたのは,後藤総合車両所所属のキハ126-11+キハ126-1011です.2010(平成22)年10月に世界ジオパークネットワークに登録された山陰海岸をPRするため,鳥取県がJRの協力のもと,施されたもので,鳥取砂丘や浦富海岸の写真をメインに車両全面がラッピングされています.
 なお,このラッピング車両は今後2年を目途に土休日は同列車,平日は山陰本線(出雲市—鳥取間)と因美線(鳥取—智頭間)を中心に運行されることになっています.

写真:鎧—香住間にて 2011-10-22

掲載