×

りくべつ鉄道で約1年ぶりの本線走行

access_time
2011年7月25日掲載
りくべつ鉄道で約1年ぶりの本線走行

2011(平成23)年7月24日(日),ふるさと銀河線りくべつ鉄道において,約1年ぶりに陸別駅構内から出て,気動車による本線の乗車体験特別運行が行なわれました.陸別駅構内から出ての運転は,2010(平成22)年9月の網走本線開業100周年記念運行以来,2回目となりました.
 運転区間は昨年2010年同様,陸別駅北見方の金澤踏切から1.6km先の松浦踏切となり,午後12時30分から30分ヘッドで3往復無料運行されました.
 当日は『第3回りくべつ鉄道まつり』も開催されており,乗車体験列車や沿線には現役時代を懐かしむ多くのファンや沿線住民の方々が訪れました.また乗車体験列車内では,今回の特別運行のために製作されたスタフ(乗務員行路表)の販売も行なわれるなど,ファン心理をくすぐる企画も用意されました.

写真:陸別—分線間にて 2011-7-24
投稿:真鍋 英