JR四国の12系客車4両が若桜鉄道へ

JR四国の12系客車4両が若桜鉄道へ

2010(平成22)年度までに全車廃車となったJR四国の12系客車4両が,鳥取県の若桜鉄道に売却され,2011(平成23)年7月1日(金)から3日(日)にかけて甲種輸送されています.
 今回売却されたのはスロフ12 3とスロフ12 6,カーペット車のオロ12 6とオロ12 9で,組成は大阪方から,スロフ12 3+オロ12 9+スロフ12 6+オロ12 6でした.
 高松—岡山—西岡山間では新鶴見機関区のEF65 1080が,西岡山—米子(操)間では愛知機関区のEF64 60がけん引しましたが,この西岡山—米子(操)間では,EF64 60+コキ5両+12系4両という近年では大変めずらしい編成となりました.

写真:(江尾—)上溝口信号場—伯耆溝口間にて 2011-7-2

掲載

鉄道ファン2019年3月号