長野電鉄2100系が営業運転を開始

長野電鉄2100系が営業運転を開始

2011(平成23)年2月26日(土),長野電鉄で新たに特急用車両として導入した, 2100系「スノーモンキー」(もとJR東日本253系)が営業運転を開始しました.
 初日はもとNe-107編成のE1編成(湯田中方からクハ2151+モハ2101+デハ2111)が須坂から3A列車に充当されました.
 車体には社名を表す「NER」の文字やスノーモンキーのロゴも取り付けられています. 一部列車では運転台に花束も飾られ,デビューの姿を彩っていました.

写真:延徳—桜沢間にて 2011-2-26

掲載