485系国鉄色5連が“にちりん”で小倉へ

485系国鉄色5連が“にちりん”で小倉へ

JR九州では,485系特急形電車が,2011(平成23)年3月12日(土)のダイヤ改正で,定期運用を離脱することにあわせて『485系車両のさよなら企画』を実施します.その一環として通常3両で運転されている,485系国鉄色編成に2両の国鉄色車を増結して,日豊本線で“にちりん”・“きりしま”として2010(平成22)年12月29日(水)から2011(平成23)年3月11日(金)まで(予定)運転しています.
 九州での国鉄色5連の運転は8年ぶりで,鹿児島総合車両所所属のDk9編成(クハ481-256+モハ484-206+クモハ485-5)を大分車両センターに転属させて,同センター所属の国鉄色中間車2両(モハ484-298+モハ485-196)を増結してDo32編成として使用しています.初日の12月29日から2011(平成23)年1月5日(水)まで(元日は除く)は,“にちりん”86号・87号として大分—小倉間で運転される予定です.

写真:苅田—朽網間にて 2010-12-29
投稿:白土 洋次

2010年12月30日掲載