“日光”・“きぬがわ”に253系1000番台を導入

“日光”・“きぬがわ”に253系1000番台を導入

JR東日本大宮支社は,東武鉄道に乗り入れる“日光”・“きぬがわ”に,253系リニューアル車を投入し,485系と189系を置き換えると発表した.
 リニューアルされる253系は,2002(平成14)年に導入された200番台(6連×2本).外観は,日光のシンボルである二社一寺や神橋を表す「赤」と「朱」,野山に咲き誇る日光キスゲや美しい紅葉を表す「黄」に塗装される.全車普通車となる室内は,偶数号車が青色,奇数号車が橙色の腰掛を配置し,シートピッチが拡大される.リニューアルにあわせてVVVFインバータ制御に変更され,1000番台に改番される.
 この253系1000番台は,2011(平成23)年4月16日から営業運転を開始する予定.

写真:253系1000番台のイメージパース(JR東日本大宮支社提供)