×

長崎電気軌道,開通記念日で168号を運転

長崎電気軌道,開通記念日で168号を運転

長崎電気軌道では,1915(大正4)年11月16日に最初の開業区間である病院下(現在のJR浦上駅南側)—築町間で営業を開始したことを記念し,毎年11月16日に「明治電車」168号を記念電車として運行していますが,今年2010年も浦上車庫前—桜町—蛍茶屋—出島—長崎駅前—浦上車庫前のルートを4往復運行しました.なお,一部区間は回送で客扱いを行なわず,実際の営業区間は長崎駅前—桜町—蛍茶屋と,出島—長崎駅前—浦上車庫前でした.
 168号は西日本鉄道の前身,九州電気軌道が1911(明治44)年の開業にあわせて製造した車両で,今年2010年で車齢99年となり,1957(昭和32)年から長崎の街を走っています.

写真:公会堂前にて 2010-11-16
投稿:松尾 勇壱