×

阪神5143編成が編成解消か

access_time
2010年10月14日掲載
阪神5143編成が編成解消か

1999(平成11)年から,大阪方2両が行先表示器装備車,神戸方2両が行先方向板使用車の混結編成となった5143編成(大阪方から5143+5144+5313+5314)ですが,2010(平成22)年10月11日(月祝)の梅田14時07分発・高速神戸行き各駅停車(尼崎で定期の車両交換)の運用を終えたあとに,編成がバラされました.
 5313+5314編成は車庫の奥でパンタグラフを下げた状態で留置されており,今後の動きが注目されます.写真は運用終了後に編成がバラされ,入換えされる5311形2両です.

写真:尼崎にて(敷地外から撮影) 2010-10-11
投稿:増原 浩史