E5系による列車は“はやぶさ”に

E5系による列車は“はやぶさ”に

JR東日本は,東北新幹線八戸—新青森間を2010(平成22)年12月4日(土)に開業すると発表した.
 運転本数は東京—新青森間15往復,仙台—青森間1往復,盛岡—新青森間1往復で,最速列車は東京—新青森間を3時間20分程度で結ぶ.開業時はE2系10両編成が使用される.

グランクラス

2011(平成23)年3月からはE5系3本を投入,東京—新青森間2往復(到達時分は3時間10分程度),東京—仙台間1往復で300km/h運転が実施される.E5系による300km/h運転列車は愛称が“はやぶさ”に決定,車体にシンボルマークが配される.
 なお,E5系に導入されるファーストクラス「スーパーグリーン車(仮称)」も,正式名称が「グランクラス(GranClass)」に決定している.(資料提供:JR東日本)

写真上:“はやぶさ”のシンボルマーク
写真下:「グランクラス(GranClass)」のイメージパース
記事:編集部

掲載