嵐電「京紫色」車両が営業運転を開始

access_time
2010年3月28日掲載
嵐電「京紫色」車両が営業運転を開始

京福電鉄(通称:嵐電)では開業100周年を記念し,嵐電の新しいイメージカラーである「京紫色」に塗装変更した車両の営業運転を開始しました.
 その第一陣となったモボ611形613号車は,2010(平成22)年3月25日(木)に嵐山本線嵐山駅で行なわれた記念式典で初公開され,同日から嵐山本線で100周年記念ヘッドマークを掲出し,営業運転を開始しました.
  新しいイメージカラーである「京紫色」は,京都らしさを表現し,2012(平成24)年度までにモボ21形(レトロ車両)とラッピング車両を除く,計19両が従来のツートンカラーから「京紫色」に塗装変更される予定です.

写真:山ノ内—西大路三条間にて 2010-3-27
投稿:服部 浩樹