阪急「カーボン・ニュートラル・トレイン 摂津市駅号」を運転

阪急「カーボン・ニュートラル・トレイン 摂津市駅号」を運転

阪急京都線では,摂津市駅が正雀—南茨木間に2010(平成22)年3月14日(日)開業します.
 同駅は,太陽光発電や各種省エネルギー設備導入,排出枠購入の方法により,駅に起因する二酸化炭素排出量を実質的にゼロにする日本初の「カーボン・ニュートラル・ステーション」となります.
 開業にあわせ,環境メッセージ列車として9300系9303編成を使用した「カーボン・ニュートラル・トレイン 摂津市駅号」が京都線で運転されます.
 開業前日の13日(土)は,同編成を使用した関係者向けの臨時列車(写真)が正雀—茨木市間で運転されました.

写真:摂津市(正雀—南茨木間)にて(踏切から撮影) 2010-3-13
投稿:米澤 和志

2010年3月14日掲載