大阪市交66系,臨時直通列車で嵐山へ

大阪市交66系,臨時直通列車で嵐山へ

阪急電鉄と大阪市交通局堺筋線の相互直通運転開始40周年を記念し,2009(平成21)年12月5日(土)・6(日)に,大阪市交66系使用の臨時直通列車が,天下茶屋—嵐山間で運転されました.
 両日とも66601編成が使用され,通常8連のところ,嵐山線内のホーム有効長の関係から,中間車2両を抜いた6連で運転され,前面には「臨時 天下茶屋 嵐山」と書かれたステッカータイプの標識と,相互直通40周年記念ステッカーが張りつけられました.
 なお,66系の一般営業運転での高槻市以北への入線は,今回が初めてのことです.

写真:上桂—松尾間にて 2009-12-5

掲載

鉄道ファン2019年3月号