103系RT-235編成が郡山へ

access_time
2009年10月27日掲載
103系RT-235編成が郡山へ

2009(平成) 10月21日(水)に定期運用を離脱し,仙台車両センター宮城野派出所に留置されていた103系RT-235編成が,10月26日(月)に宮城野(信)→石巻→小牛田→郡山と回送されました.
 これでJR東日本管内に所属する103系は全廃されたことになります.また,仙石線内ではこの日営業運転を開始した205系3100番台M19編成と陸前大塚・矢本の両駅で並ぶ姿も見られました.
 なお,仙石線内は自走し,石巻—小牛田間は郡山総合車両センターのDE10 1649が,小牛田—郡山間は仙台車両センターのED75 758が,それぞれけん引しました.

写真:石巻にて 2009-10-26
投稿:大久 逸平