“どつぼ列車「リバイバル・南風1986」”運転

“どつぼ列車「リバイバル・南風1986」”運転

2009(平成21)年10月18日(日),“どつぼ列車「リバイバル・南風1986」”号が,高松—大歩危間で運転されました.
 1986(昭和61)年当時の姿を再現するため,高松運転所のキハ185系3両を使用,途中スイッチバックの坪尻駅にも停車しました.編成は高松方からキハ185-26+キハ185-1014+キハ185-20でした.キハ185-1014はJR四国色ですが,今回の運転のため緑色のカッティングシートで国鉄色へ再現され,3両すべて国鉄色の緑帯車での運転となりファンを驚かせました.
 ヘッドマークは当時使用されていた懐かしい椿柄の“南風”マークが登場(一部区間は列車名の,“どつぼ”マークを装着).オリジナルの愛称サボや行先方向幕も掲出されました.

写真:琴平—塩入間にて 2009-10-18
投稿:山田 優

2009年10月19日掲載