流鉄「明星」さようなら記念運転が行なわれる

流鉄「明星」さようなら記念運転が行なわれる

本誌イベント情報で既報のとおり,2009(平成21)年4月29日(水)に流鉄2000形「明星」のさようなら運転が行なわれました.
 流山—馬橋間を11往復し,運用途中から西武鉄道時代の快速急行の種別板をモチーフにした「惜別明星」や,最後の1往復では「最終」と書かれた板が掲げられました.最終列車の流山到着後は,撮影会も行なわれています.
 「明星」は,もと西武鉄道701系745編成からの改造車で,1995(平成7)年12月に西武鉄道から甲種輸送され,当時の総武流山電鉄に入線しました.「明星」の引退により,流鉄に残る3連は「流星」と「若葉」の2本のみとなります.

写真:鰭ヶ崎—平和台間にて 2009-4-29

掲載

鉄道ファン2019年3月号