阪急嵐山線用の2300系,運転を終了

access_time
2009年4月3日掲載
阪急嵐山線用の2300系,運転を終了

桂—嵐山間を結ぶ阪急電鉄嵐山線では,2009(平成21)年4月2日(木)から6300系リニューアル車が投入されることになり,これまで活躍してきた2300系は,4月1日(水)の終電を最後に運転を終了しました.
 嵐山線用の2300系には,唯一オリジナルの姿を留める2309編成(2309+2359+2310+2360)もあり,今後の動向が注目されます.
 なお,最終日には惜別ヘッドマークや記念イベントもなく静かにその姿を消しました.

写真:嵐山—松尾間にて 2009-4-1
投稿:服部 浩樹