広電653号が2年ぶりの復活

広電653号が2年ぶりの復活

原子爆弾で被爆した電車として知られる,広島電鉄650形653号が2年ぶりの運行に就きました.
 同車は,2006(平成18)年6月のダイヤ改正で定期運用を引退し,江波車庫で動態保存されていました.このまま運用に就かないかと思われていましたが,2008(平成20)年7月に再運行のため検査に入り,先日無事検査を終えました.
 2008年夏の貸切運用のみという限定復活のようです.

写真:広島駅—猿猴橋町間にて 2008-8-5
投稿:永田 直也

2008年8月6日掲載