鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)

鉄道アーカイブシリーズ 青梅線(里線篇)/五日市線の車両たち

青梅線(里線篇)/五日市線の車両たち

1990年代から現在に至るまでに活躍した国鉄形車両を中心に,一部,近年の新形車両なども含めたかたちで,路線や形式ごとに,さまざまな車両の足跡を,それらの走行の光景で紹介するシリーズの新作で,今回は青梅線のうち「里線」として立川〜青梅間を,そして五日市線を走行した車両として,103系,201系,165系,183系,189系のほか,青梅線に乗り入れた臨時列車の姿などが登場します.このうち,103系については,奥多摩方面の映像が収録されています.201系は,青梅線立川〜青梅間や五日市線の運用に就く青編成,中央線との直通運転に充当されたH編成およびT編成,特別快速やホリデー快速の運用に就いた姿もあります.観光用車両「四季彩」で旧塗色をまとっていたころの姿も一部収録されています.165系は,平成13年8月,引退を間近に控えた「パノラマエクスプレスアルプス」による臨時列車の映像,183系・189系は中央線と青梅線とを直通したホームライナー"青梅ライナー"の運用に充当されたときの映像がそれぞれ収録されています.そのほかに,12系客車による快速"奥多摩−御嶽60周年号",115系により大宮〜奥多摩間で運転されたホリデー快速"むさしの奥多摩号"など,臨時列車の映像もあります.

収録時間本編約78分
発売アネック
価格3619円+税
発売日2016年8月21日
購入する鉄道アーカイブシリーズ 青梅線(里線篇)/五日市線の車両たちをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年10月号掲載| アネックの記事一覧