鉄道快適化物語

鉄道快適化物語

日本の鉄道は,その技術が着実に進歩を遂げて,さらに,さまざまなサービスも開発されたことから,じつに快適に利用することができるようになりました.本書では,鉄道の利用がいかに快適なものになったのか,その道筋を辿り,語り尽くされています.最後は近年続々と登場している豪華車両の話題で締めくくられていますが,大正の時代から昭和の時代にかけて,さまざまな鉄道事業者が登場させた貴賓車など豪華な設備をともなった車両も,本書でしっかりと紹介されています.

著者小島英俊
発行創元社
仕様四六判 272ページ
定価本体1700円+税
発売日2018年9月20日
購入する鉄道快適化物語をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年12月号掲載| 創元社の記事一覧

鉄道ファン2019年1月号