弾丸列車計画 東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術

弾丸列車計画

交通ブックス122.東海道新幹線が開業から50年を迎えるにあたり,「弾丸列車」という言葉が各所で聞かれるようになりました.これは,戦前に発案された言わば新幹線で,東海道新幹線のルートの一部は弾丸列車が計画された時のものです.
 その弾丸列車について,昭和初期の社会,国際情勢に端を発し,昭和15年に事業着手をした「東京—下関間線増計画」をつぶさに振り返ってみたものが本書です.今の新幹線に通じる事柄が多く含まれ,関連する知識の一助となることでしょう.

著者地田信也
発行公益財団法人 交通研究協会
発売成山堂書店
仕様四六判 218ページ
定価本体1800円+税
発売日2014年9月 1日
購入する弾丸列車計画 東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2015年3月号掲載| 成山堂書店の記事一覧